2007年02月20日

乱視の原因と○○

乱視って疲れますね。


私は小学校からずっと視力1.5でしたが、最近になって運転中に信号の矢印が見えにくくなり、会社の健康診断で乱視と言われました。

乱視の症状を調べると次のことがわかりました。

それは乱視は年齢とともにひどくなっていくこと。
まさに私がそうですね。20代で自覚するのもどうかと思いますが。

乱視が進行すると視力障害となり、モノが見えにくくなり目を凝らしたりしてるうちに疲労となったり肩こりになったり緊張型頭痛を引き起こしたり・・・

こう考えると視力の低下って恐ろしいですね

ところで乱視ってどういう状態なのか知ってますか?

乱視の原因は水晶体と角膜が原因で、目玉の球状がゆがんでしまい、焦点が合わなくなる、眼底に像を結べなくなるというものです。 なので、幾ら目をこらしても歪んで見えるままなんです。

と言っても、私の乱視は遠くのものは歪んで見えますが、近くのものは問題ない程度の乱視です。

そもそも人間誰しも乱視の要素は持っています。それは球状の程度が厳密に完全でないからですが、その乱視の程度がどれくらいなのかによって障害とみるかどうかになります。

単に像がずれて正確に結べない乱視乱視であれば眼鏡やコンタクトレンズで矯正可能です。乱視がひどいと眼鏡よりもコンタクトレンズが向いています。

一方、角膜の病気などで焦点がどこにも結ばれない、不正乱視の場合、眼鏡での矯正は難しく、コンタクトレンズで矯正することになります。

以前は乱視コンタクトレンズといえばハードコンタクトレンズでしたが、今は乱視用ソフトコンタクトレンズもあります。

清潔好きには使い捨ての乱視コンタクトレンズもあるので、コンタクトレンズが苦手な人にも敷居が低くなっています。

しかし、乱視コンタクトレンズが効かないようなら手術ということになります。

乱視矯正の手術の手法としてレーシック手術があります。 眼の角膜を切開し、その部分をめってレーザーを照射し、角膜の屈折力を変えることで焦点を合わせるというものです。

乱視に限らず視力矯正の手術は日帰り手術ができるという手軽さ?もあります。とはいえ、手術後は合併症にならないよう、1ヶ月ほど薬を飲む必要があるようです。

いずれにせよ、乱視があまりにひどい場合は乱視矯正手術も選択しに入れてみては。

もし乱視矯正手術をやる場合、お医者さんについて世間の評判をリサーチし、良いところを選んでください。(・・・当たり前ですね)
posted by 乱視太郎 at 14:27| 乱視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。